規模を拡大したいマンション投資家が抱えた新たな問題

規模を拡大したいマンション投資家が抱えた新たな問題。それは、コロナショックによって、年収が下がる可能性が出てきたことです。
巷では、年収が2割減少するなんて話も、ちらほら聞かれます。リーマンショックの時も年収は下がりました。給与を2割カットされれば、年収も100万円以上下がり、生活費が足りなくなるサラリーマンも出てくるでしょう。
そして、年収が下がると、ローンが組めなくなることから、2020年中に何とか中古ワンルームマンションを購入したいと考えている方が増えてきました。これは、これから購入する方も現時点で既に始めている方も共通の悩み。
2020年内に自分の気に入る中古ワンルームマンション(区分マンション)を購入するという目的を持つ方が増えたのです。

迫りくる新型感染症の脅威から身を守れ

迫りくる新型感染症の脅威から身を守る。これは、健康上だけの問題ではなく、経済的な問題も含まれています。報道されている通り、全国で、今回のコロナショックにより生活が困窮している人はかなりいます。それは、商売を営んでいる人以外にも多く、サラリーマンもその中に入るでしょう。支出額は今までと変わらずとも、収入が減ってしまえば、収支のバランスが崩れて生活が苦しくなるのは当たり前のことです。
今後も、いつ何時上記のような出来事が起こるか分かりません。人生のリスクに備えておくことが重要なのです。

もはや政府や会社に頼れない

今回のコロナショックで痛感した方も多いと思いますが、有事の際に政府や会社などの組織に頼り切ることはリスクだと。有事の際には、保証はいきわたらないのです。やはり、リスクに対して、自分の身は自分で守るしかありません。
今回のコロナショックの最中、有名経済紙がとったアンケートによりますと老後の経済不安を和らげるために、不動産投資などの資産運用を検討する方が約30%もいらっしゃいました。サラリーマンを含めた日本人の自助努力による生活設計は、高まっているのです。

何もしないリスクを抱えたサラリーマン

最近の変化の速い世の中に生きていれば、サラリーマンや会社員にとって、何もしないこともリスクだということは、お分かりいただけるでしょう。
資産運用にはリスクが付きものですが、何もしないことも大きなリスク。リスクを天秤にかけ、自分が抱えられるリスクは共用しなければ、今後は経済的にも困窮するでしょう。現代は、サラリーマンが資産運用に取り組むのが当たり前の時代に突入したと言えるでしょう。

今始めないと格差が生まれるかも知れない

今始めないと格差が生まれるかも知れません。実際、コロナショックの前から日本では格差が広がっていました。今回のコロナショックで、働き方は大きく変わるでしょう。それが何を意味しているかというと、労働力に対する価値の変化です。
同じ業務をしていても労働力の価値が減ることは、サラリーマンの社会では多々あります。働いている本人にしてみれば、同じ業務をしている訳ですから、当然不満は募ります。有名経済紙がとった、社員を再雇用の際の賃金に対するアンケート記事によると、約75%の方が、不満を抱いていました。ただこれは、今の問題。今後の問題はより深刻です。
今、政府が進めている働き方改革。これは、今までの古い働き方をやめ、新しい働き方をしましょうという趣旨のもの。この働き方改革、見方を変えると、今までの働き方を捨て、新しい働き方にシフトして下さいと言うことで、この新しい働き方に対応できなければ、今まで積み上げてきたキャリアの価値もなくなるということなのです。
新しい働き方に対応でき、実績を上げられる人は高い収入を得て、対応できない人の労働力の価値は減るという残酷な世の中に突入している最中にコロナショックが起こり、世界は混乱の渦中にいます。
今後日本は、アメリカのような深刻な格差に悩まされる可能性もあります。いずれにせよ、サラリーマンの安定が大きく揺らいでいることは間違いないでしょう。

積立金は今のトラブルに役立たない

年金だけでは豊かに過ごせない老後や将来のために、お金を積み立てて貯金をするタイプの定期預金をしている人も多いと思います。しかし、こういった、「今」お金が必要な時に、引き出せません。つまり、困った時に現金化でき、なおかつ今収入を得ることができれば、その収益を使ってお金を増やすこともできます。今にこだわった、信用できる資産運用を検討したいところです。

欠けていた危機感が表面化しました

今回のコロナショックで、欠けていた危機感が表面化しました。薄々、政府や会社に頼り切れないと気づいていた人が、今回の件で行動を起こすようになりました。その行き先の3割が資産運用だったのです。
ただ、株は乱高下しているので怖い。そこで選ばれるのが、不動産投資です。危機感を感じている方が、当社のセミナーにたくさん参加しています。今回の件で家族の在り方や健康・経済などを、見直すきっかけになった方も多いでしょう。やはり、自分の身は自分で守るしかないのです。

格差が広がりつつある世の中で、負けない人生設計をするには、収入の柱を複数作ることが重要です。サラリーマンの労働収入1本に頼ることは、リスクになってしまいました。もう1つの柱として、3割の方が選んだのは、資産運用による収入の柱だったのです。
不動産投資から得られる家賃収入。それも資産運用から入る収入です。負けない人生設計をと考えている方は、複数の収入の柱が必要で、その選択肢の一つとして中古ワンルームマンション投資を検討する方も増えています。

不動産投資で自分の身を守る術を知りたい方は、和不動産の不動産投資セミナーへ!>

購入したいけど購入できない

中古ワンルームマンション投資を検討している人の中には、「来年には購入したいけど難しい」と考えている方もいます。なぜなら、コロナショックで今年の年収が下がってしまう可能性があるからです。買いたいけど買えないという状態を防ぐためにも「今」検討することは意味があることなのです。

後悔しないためにも「今」検討する

検討しようか迷っている方にお伝えしたいのは、今話を聞いた方が良いということです。今聞いて、興味がなければやらなければいい話ですが、来年聞いて興味が出たけど年収が下がっていてできないということは避けたいところ。不動産投資には、タイミングもあります。成功するチャンスを逃さないためにも、それを見誤らないで下さい。

なぜ一部の人は安心できるのか?

なぜ、私たちが中古ワンルームマンション投資を勧めているのか?それは、成功されているオーナー様からの安心の声を多くいただいたからです。
先日、和不動産では、外出自粛中に伴いオンライン飲み会をオーナー様を対象に開催しました。そこで、多くのオーナー様から、中古ワンルームマンション投資をやっていてよかったという多くの意見がでました。和不動産のオーナー様の4人に1人が年間キャッシュフロー100万円以上を獲得し、中古ワンルームマンション投資で成功されています。「中古ワンルームマンション投資をやっていてよかった」という言葉は、こんなご時世に収入があるありがたみを感じて出てきた素直な意見だと思います。

なぜ一部の人は安心できるのか?
答えは、働かなくても得られる月々の収入があるから。一方、安心できない人は、収入が得られないから。この差は非常に大きく、収入の有無は安心感に大きな影響を与えるのです。

安心できる人生を手に入れたくありませんか?

安心に価格はありません。しかし、多くのオーナー様が安心できたのは、ワンルームマンションを所有し、成功できたから。つまり、中古ワンルームマンションを購入し、効果的に運用することは、中古ワンルームマンションで安心を購入するという意味に繋がるのです。
資産運用のやり方は、資産を購入し資産収入を増やすこと。つまり、中古ワンルームマンションを購入し、そこから入る家賃収入を得ることは、安心を得るための1つの方法になり得るのです。

不動産投資が流行った根源は不安定さから収入を守る為

不動産投資の歴史は、江戸時代と言われています。江戸の長屋経営がそれです。
長屋
江戸時代の主要産業は、農業や漁業。当時は、今のように流通技術や保存技術が発達していませんから、農業や漁業は天候に左右され収入は非常に不安定でした。そんな不安定さを避けるために、安定した収入が得られた長屋経営が大人気だったのです。当時の江戸町人の9割が長屋暮らし。逆にそれを支えていたオーナーもいたのです。つまり、江戸時代に不動産投資が流行った根源は、不安定さから身を守るためでした。

複数の収入源をいかにつくるか?

江戸時代の長屋オーナーは、家主という今で言う住み込みの管理人を雇い家賃収入を得ていました。つまり、オーナーには本業があり、長屋経営からは収入を受け取るというサイドビジネス的な役割を果たしていたのでした。オーナーは、武士・商人・豪農を始め、代官や大奥の高官も長屋経営に励んでいたと言われています。江戸時代から複数の収入源をいかにつくることは、生活や老後を安定させるために重要なテーマだったのです。このことは、当時も今も変わらぬ不変のルールということになります。
今は、長屋こそ中古ワンルームマンションに代わりましたが、不動産投資の役割や目的は当時とさほど変わっていません。その他にも、江戸時代の賃貸経営を知ると現代に活かせるものもたくさんあります。それは、セミナーで内容をご確認ください。

江戸の歴史から不動産投資のメリットを学ぶ、和不動産の不動産投資セミナーへ!>

知識があれば利回りは関係ない

知識があれば、利回りは関係ありません。なぜなら、税法や複利の運用を活用すれば、10%を超える運用が普通にできるからです。パンフレットに記載されている利回りを追求しているうちは、大きな安心は得られません。なぜなら、それで安心できるなら、ほとんどの人が安心できているから。ビジネスも投資も、運用を工夫するから、収益は伸び、成功できるものだと覚えていきましょう。

投資用マンションの特徴を活かして自分で魅力を作る

本当の成功している投資家は、運用を工夫してパンフレット以上の収益を獲得することを計算しています。つまり、成功するために自分で資産運用の魅力度を上げていると言ったところでしょうか?投資用マンションの特徴を活かして、自分で魅力を作ることに成功できれば、ただ物件を購入した人より大きな収益を得ることができ、成功できます。資産運用による満足・不満足は自分で開拓することだと覚えておいて下さい。

より少ない時間で、より多くの収入を得よう

江戸時代からサイドビジネスはありました。長屋経営もその一つだったのです。
そして、今現在、サラリーマンは働き方改革の影響で副業が流行しています。しかしながら、副業はそう簡単ではないようです。
パーソル総合研究所の「副業の実態・意識調査」によりますと、副業中止の理由は「体力の限界」「時間がない」「報酬の問題」などとなっています。

順位 副業の中止の理由 あてはまる割合
1位 体力的に限界を感じたから 23.2%
2位 時間を捻出できず、やりきれないと感じたから 22.4%
3位 もともと期間限定で働く予定だったから 18.4%
4位 もっとよい仕事が見つからないから 16.4%
5位 報酬が割に合わないと感じたから 16.2%
6位 趣味や休息の時間が減り、不満に思ったから 15.8%
7位 家族や友人と過ごす時間が減り、不満に思ったから 15.6%
(出所:パーソル総合研究所「副業の実態・意識調査」2018年10月)

つまり、サイドビジネスで上手くいくには、より少ない時間で、より多くの収入を得ることが続けられるコツなのです。手間をかけずに年収が増えるに越したことはありません。正直、不動産投資の中でも、中古ワンルームマンション投資は、最初はあまり利益を得られませんが、ただ、上手く運用することで年間100万円以上の収益を得ることは可能です。仕組みを創るのに期間は多少必要ですが、本業に支障を来すほどの時間や手間はかかりません。実際、サラリーマンの本業で収入を得ることだけでも大変なのですから、サイドビジネスは負担のかからないものを選び、成功させましょう。中古ワンルームマンション投資は、その手段の1つ。なぜなら、多くのオーナー様が、サラリーマンをしながら手間暇かけずに実施できているからです。

みんなは反対しました。でも収入を得ていくと…

中古ワンルームマンション投資を始める時は、みんなは反対しました。でも収入を得て成功していくと、みんなにうらやましがられます。これは、多くのオーナー様から共通して聞く意見です。

結局、人間は良く知らないものを怖がる習性があるので、理解していない人に相談すると反対の意見が出てくるのは当然です。それでは、成果を出し、成功している人に聞いたらどうでしょう。おそらくお勧めしてくれるでしょう。資産運用に対する評価とは、そんな感じです。よくわからないものは避ける。成果が出て成功するものは勧める。ですから、相談する相手は、よくわからない人でなく、その投資を実際にやったことがある人に聞きましょう。周りにそういう方がいない場合、弊社のオーナー様をご紹介いたします。いろいろ聞いてみて下さい。

なんで私が中古ワンルームマンション投資家に。

先輩に勧められて始めたワンルームマンション投資。3室購入した後、しばらく放置していたら口座にお金が貯まっていたのです。それから面白くなって、規模を拡大していきました。

これは、あるオーナー様の感想です。このオーナー様は、大学のゼミの先輩に勧められて始めたワンルームマンション投資が面白くなって、のめり込んでいます。老後不安を回避するために始めたワンルームマンション投資が、途中で面白くなってしまったのです。やはり、資産運用は楽しみながら実施することが成長の秘訣なのかもしれません。

時間からの解放。

資産運用として株やFXに取り組んでいたあるオーナー様。本業のサラリーマンとの両立が難しくて投資活動を中止していました。そんな時、中古ワンルームマンション投資を紹介され始めると、手間がかからないことにビックリ。これなら続けられるという声を頂きました。
サラリーマンと不動産投資家。これが、一棟不動産投資をするオーナーが最初に訪れる壁です。一棟不動産投資は、やるべきことも多いので軌道に乗るまでは、サラリーマンとのダブルワークが要求されます。それがキツイという方は。中古ワンルームマンション投資を選びましょう。
収入を得るためにダブルワークを選択すると、副業のアンケートにもあったように続けることができません。無理せずに続けることが、資産運用を成功させる秘訣なのです。

企業は長期間安定のインカムゲインを事業に組込む傾向

コロナショックで困っている人のキーワードは、売り上げがないことです。「個人の場合には働けないから給料がもらえない、年収が下がる」「法人や商店の場合では休業要請があり売り上げがない」こういった言葉が、たくさん報道されました。これは、キャピタルが得られないことが原因です。個人は労働力がお金と交換できない、法人は商品やサービスと交換できない訳ですから、モノやサービスを売買していると言っても良いでしょう。自分の商品やサービスが、現金化できないことは明らかにリスクです。

世界ではサブスクが流行っています。これは、キャピタルゲインというよりは、インカムゲインの収入の取り方に近く、経営は安定しやすくなります。世界の大企業は、インカムゲインを得るサブスクという収入の得方に移行しています。ワンルームマンション投資の収入の取り方も、サブスクに近いと言えるでしょう。

ワンルームマンション投資があなたを救う

木が育つイメージ

ワンルームマンション投資が軌道に乗れば、あなたを救うことになるでしょう。一方で、上手くいかない方もいることも事実。その違いは、何なのか?それを確認しましょう。
ワンルームマンション投資は、木を育てるのに似ていると言われています。土を耕し、種を植え、水をやり、害虫や雑草を駆除することで木は育ちます。そして、木が育ったら、育てたオーナーは木陰で自由を満喫できるのです。
上手くいかない方は、手間がかからないことを鵜呑みにし、何もやらない方。いくら手間がかからないからと言っても、最低限のことをしないと木も枯れてしまいます。資産運用とは、木を育てることだと理解していれば、失敗も少なくなるでしょう。

まずは、無料個別相談で確認してみませんか?

ここまで読んで不動産投資に興味が出てきた方は、是非個別相談をご活用ください。オンラインでの相談も可能となっており、47都道府県、どこからでもご相談が可能です。もし、個別相談を経てお付き合いいただけましたら幸いですが、関心、興味がない場合は遠慮なくお断り下さい。
興味がないのに無理やりお付き合いいただきますと、お客様と私たち双方にメリットがありません。いずれ関係が破綻し、両者とも嫌な思いをするでしょう。しかし、「いざという時のために備えたい」「今の年収に満足していない」からマンション投資を始めたいとお考えの方は、ぜひ一度個別相談にお越しください。

オンライン相談バナー

 

実体験は、成功へ導くガイドになる

N-RICOS画面
和不動産が開発したマンション投資コンサルティングシステム「N-RICOS(エヌリコス)」。このシステムは、オーナー様のマンション投資の運用をデータベース化したシステム。一般的な不動産仲介会社にはありません。これから和不動産でマンション投資を開始する方は、マンション投資の成功者である先輩オーナー様の足跡をマネすることができます。
オーナー様がたどってきた実体験や体験談は、胸に刺さります。先人の知恵や体験をマネするところから始めるのも1つです。

入居率が高ければローン返済のリスクは少なくなる

入居率が高ければ、ローンの返済原資である家賃は途切れません。ローンのデフォルトを引き起こすパターンは、相場より家賃が下がったり、空室が続き、空室率が上がったりすることです。入居率の高い地域や周辺環境、ニーズがあるかどうかを見極めて中古ワンルームマンションを選ぶことで収支がマイナスになることを防ぎ、年収を上げるための最善の手段になります。

退去、空室のリスクを避けるには立地と部屋のグレードが大切

空室のリスクを避けるために、立地と部屋のグレードに気を配れば退去されません。勤務先が都内23区内の単身者をターゲットにすると、立地は通勤利便性を考えて、山手線・京浜東北線・総武中央線・埼京線などのJRもしくは、東京メトロと都営地下鉄がお勧めです。部屋のグレードは、風呂トイレ別・独立洗面台・大型収納・ホームセキュリティーが人気。最近は、外出自粛やテレワークの影響で、ワークスペースが確保できる広めの25㎡前後のワンルームマンションが好評。逆に、狭い部屋は不人気ですから、利回りが高くても避けたいところです。

入居者が入れ替わるタイミングで修繕や設備交換を考える

入居者が長い間済めば、当然室内設備等に経年劣化や老朽化が起こります。入居者が入れ替わるタイミングで修繕や設備交換を考えましょう。確かにお金がかかるのは、オーナー様としてあまりいい気はしないと思いますが、築年数が経過するにつれ劣化しやすい水回りの内装は、家賃に大きな影響を与えますのでしっかりやりましょう。お勧めしたいのは、せっかく内装をするのであれば、家賃を上げるような内装を心がけて下さい。

不動産投資を始める際の注意点を知りたい方は、和不動産の不動産投資セミナーへ!>

修繕費用は経費計上できる!資金を再投資に使おう

内装費をかけて家賃を上げる投資は、お得なので前向きに検討して下さい。なぜなら、経費は確定申告で費用計上できるため、リフォーム費用は割引されるからです。そのため、資金を効果的に再投資することで、より多くの収益を獲得することができます。

建物取得費用は、減価償却できる

不動産投資では、物件を購入した時の建物取得費用を減価償却できます。減価償却は、節税の魔法と言われていて、建物を取得するだけで確定申告時に費用計上できます。中古ワンルームマンション投資は、税引き後の利回りが高くなる投資。そのことを理解して、資金の余裕ができたら再投資を検討して下さい。

減価償却費や管理費などのコストは、不動産所得金額から引ける

減価償却費などの実際支払っていない費用や管理するためのコストなどを、不動産所得金額から引くことができることがメリットです。中古ワンルームマンション投資は、ビジネスとして捉えられていますので、税金をコントロールすることが可能。マンション投資は、税引き後の利回りで判断していきましょう。

注意!初心者は節税を目的に契約しないでください!

いくら節税になるからと言っても、節税を目的に契約しないで下さい。あくまで、マンション投資の目的は、収益を上げること。税金が返ってくるうちは、マンション投資が赤字の状態。それは、あまり望ましい状態とは言えません。節税を目的に投資をするのは、今一度考え直して、目的を再確認しましょう。

物件の賃貸需要があれば売却できる

万が一、不動産投資で上手くいかなくなった場合に、売却して不動産投資をやめられるようにしましょう。売却しやすいのは、ワンルームマンション。なぜなら、価格が安く頭金0円でも購入できるからです。流動性が高い物件は、多くの人が購入できる条件があります。需要があるから、売却できるのです。

中古ワンルームマンション投資の勝ちパターン

先ほどご紹介したN-RICOS。私たちは、このシステムでワンルームマンション投資の事例をデータベース化し、共有しています。そうすると、そのうち何をしたら上手くいき、何をしたら上手くいかないかが浮き上がってくるのです。その浮き上がってきたアドバイスをすることで、勝ちパターンを提案しています。

収入に不安を抱える人への処方箋

コロナウイルスが怖いところは、このウイルスが何者なのかよくわからないところです。しかし、ウイルスと向き合うことで、少しずつ理解できるところも増えてきました。
ウイルスを理解するために、世界が取った行動は事例の共有。つまり、事例を積み重ねて共有することが、未知のものと相対する時に必要な行動なのです。そして、事例と向き合った結果、問題を解決する薬が処方されるのです。こういった取り組みは、報道されている通り周知の事実です。
これは、和不動産がN-RICOSを活用して、中古ワンルームマンション投資の事例をデータベース化しているという取り組みと同じアプローチ。収入に不安を抱えるサラリーマンへ、”処方箋”という形で事例を提案できます。たとえ年収が下がっても、マンション投資で不足を補えばいいのです。

中古ワンルームマンション投資で失敗しない方法とは

中古ワンルームマンション投資で失敗しないためには、始める前に何が失敗なのかを学んでおくこと、失敗例を共有してもらうことが重要です。
その他に効果的な方法は、失敗から抜け出す方法を学んでおくことです。成功をイメージする人は多いのですが、失敗を理解して始める人は少ないのが現実です。
他にも、新築と中古では、賃料の下落にどれだけの差があるのか、そもそもなぜアパートや戸建て住宅ではなくワンルームマンションなのかなど、しっかりと知識をつけ、理解をすることも重要です。
わたしたちはただ物件を販売するだけでなく、ご購入いただいた後も、オーナー様のワンルームマンション投資成功に向けてしっかりサポートさせていただきます。

比較!都心と地方で運用条件が異なる!理由を解説!

都心と地方では、運用条件が異なります。都市エリアのワンルームマンションは空室が少ないので、資金が余ったらドンドン再投資ができます。一方、地方の一棟物件は、家賃が下がったり修繕が必要になった場合に、修繕費等、多額の費用がかかるため手持ち資金を保有したがるオーナー様が多いようです。すると、再投資できないため、購入時の利回りにこだわる傾向があります。同じ不動産投資といっても、物件や立地によってやり方も異なるので、しっかりその物件に適したやり方を確認して実行していきましょう。

不動産投資の落とし穴をバーチャルの世界でも学んでおく

始める前に失敗のケースやは知っておいた方が良いですが、なかなか知る機会がないもの事実です。そういう場合には、バーチャルの世界で不動産投資を体験することも手段の1つです。

キャッシュフローDEリッチ

和不動産では、不動産投資を疑似体験できる「キャッシュフローdeリッチ」というゲームを開発しました。このゲーム会に参加すれば、マンション投資の運用も疑似体験できます。バーチャルの世界で、不動産投資の落とし穴や失敗を学んでおけば、現実の世界でも役に立ちます。ご興味がある方は、セミナーページから申し込みをして下さい。

不動産投資を疑似体験したい方は、和不動産のゲーム会へ!>

資産運用のテッパン

資産運用のテッパンは、やはり株と不動産でしょう。そこに、税金と借金のコントロールができれば、鬼に金棒。
つまり、「株」「不動産」「税金」「借金」と上手く付き合うことが、資産運用の世界で成果を出すためには必要です。

オートマチックにマンション投資を

「株」「不動産」「税金」「借金」を上手くコントロールできれば、資産運用は上手くいきます。しかし、なかなかコントロールできる人はいません。そんな時には、オートマチックにワンルームマンション投資を実施しましょう。
オートマチックとは、あらかじめやるべきルールを決めて取り組むこと。資産運用を上手くやるコツは、シンプルに運用することです。あらかじめやることを決めておけば、行動は迅速になります。そこを目指していきましょう。

マンガで分かるN-RICOS

あらかじめやるべきことを決めるためには、事例をシェアすることも必要です。そのために開発されたシステムがN-RICOS。3ヶ月に1度の定期面談で、マンション投資の事例を日々更新中!N-RICOSについての詳細は、漫画で説明しているページでご確認ください。運用のお役に立てるはずです。
マンガバナー

成功したいなら、成功事例をガイドに最短ルートを行くべし

マンション投資成功の最短ルートを目指すのであれば、N-RICOSは大いに役立つでしょう。”ワンルームマンション投資”を例えるなら、車体は物件で運転手はオーナー様です。最短ルートを知りたいのであれば、カーナビが必要。そのカーナビにあたるがN-RICOSなのです。道標があれば、最短で目的地に到達することも可能です。
自分なりの道標を作ることは、投資において非常に重要なことなのです。

手間暇かければ指数関数的に収益は伸びる

資産運用は、木を育てるのに似ています。樹木は、土を耕し、種を植え、水をやり、肥料を与え続けると成長していきます。それと同じように資産運用も手間暇かけて育てていくことが重要なのです。

資産運用の収益の伸びは、収穫加速の法則の伸び方に似ています。最初は、変化がないように感じられますが、ある一定のタイミングを境に加速的に収益が伸びていくのです。つまり、変化が感じられるまで、コツコツ頑張っていくことが資産運用では、大事なことなのです。

サラリーマンを続けながらできる最適な方法を

サラリーマンを続けながら無理なく続けられる資産運用が、多くの人が望む資産運用でしょう。
私たちは、サラリーマンを続けながら無理なく続けられる資産運用こそ、中古ワンルームマンション投資だと考えています。実際に和不動産のオーナー様は、月に1度の通帳記帳と毎年の確定申告、やることといえばその程度しかありません。あとは、お金が貯まった時に適正な使い道を考えるだけです。これなら、サラリーマンを続けながらも無理せずにできます。資産運用を始める時には、無理なく続けられた方がよいのです。なぜなら、続けた方が収益が上がりやすく、収益性が高いからです。

サラリーマンなら手軽に始められます

サラリーマンの強みは、銀行などの金融機関から融資が受けやすいことです。それを使わないのは、非常にもったいないことなのです。自己負担も少なく、手軽に始められる環境は整っています。あとは、あなた自身が中古ワンルームマンション投資を理解して、そこに飛び込むか否かの決断をするだけです。もし本業の年収に不満があるなら、なおのこと始めたほうがよいでしょう。

中古ワンルームマンション投資について詳しく知りたい方は、和不動産の不動産投資セミナーへ!>

家賃収入を得て満足するオーナー様が増えています!

マンション投資を始めて、満足するオーナー様が着実に増えています。

浮かび上がる行動特性

N-RICOSで、オーナー様の運用をデータベース化していると、満足しているオーナー様の行動特性が自然と浮かび上がってきます。それを個別相談では、共有したいと思います。

なぜ?満足するオーナー様が増えていくのでしょうか?
それは、自分が動いた労力以上のリターンがあるからです。
中古ワンルームマンション投資のリターンは、始めた当初は少ないのは事実です。そのため、購入に際して動いた労力に比べて、リターンが少ないと錯覚してしまうのです。サラリーマンは、労働力を資本に変えているので、そういった考え方に陥りがちです。しかし、運用が軌道に乗ってくると、自分がほとんど動かなくてもリターンが入ってきて、年収も増えるため、満足が高まるのです。
そういった喜びの感じ方も、行動特性の1つ。成功オーナー様と同じ感覚になれるよう努力していきましょう。

あなたの現状を診断しましょう

まず、個別相談会でやることは、あなたの資産が収入を生んでいるのかを確認するところから始めます。あなたの現状を診断し、把握するところから始めていきましょう。

先輩オーナーの取り組みのいいとこ取りを

オーナー様のたどってきた道は、1つではありません。これから始める人のメリットは、苦労して取り組んできた先輩オーナー様の取り組みのいいとこ取りのアドバイスを受けられること。
オーナー様も十人十色。そのため、取り組みも十人十色。行動特性は、似たようなものに集約されますが、必ずしもすべてが同じわけではありません。先輩オーナーが経験したメソッドを共有できることは、多くのオーナー様と寄り添ってきたからできることなのです。

違いの分かるオーナー様は知っています

違いの分かるオーナー様は知っています。和不動産と他社との違いを。物件選びだけでなく、運用環境にも配慮しているサービスもよく確認して頂けたらと思います。

独自のデータベースを利用したコンサルティング

当社では無料個別相談を実施しております。無料個別相談では、和不動産が独自に開発したマンション投資運用データベース「N-RICOS(エヌリコス)」を使って、資産運用コンサルティングが無料体験できます。また、他にも税金の控除ができる資産資産収入とは?といった疑問にもお答えします。

和不動産でご購入頂いたすべてのオーナー様に対して実施している3ヶ月に1度の定期面談では、これまでN-RICOSに入力してきたマンション投資の運用、家計の資産状況、物件の状態などをチャート化してトータルで資産管理をしています。これにより、時間の経過と共に訪れるマンション投資の変化に対応するアドバイスをし、最短で成功するためのプランに起動修正をしていくのです。

「N-RICOS」の機能は個別相談でご確認ください!
個別相談バナー

大人気!不動産投資セミナーのご案内

和不動産で中古ワンルームマンション投資を始め、成功されている方は、サラリーマンの方はもちろん、さまざまな職業の方、男性、女性問わず、たくさんいらっしゃいます。年齢も、若い方だと20代のオーナー様がいらっしゃいます。

マンション投資で成功したい!とお考えなら、じっくり無料個別相談でお話させていただくのが一番ですが、相談するのはもう少し先にしたいとお考えの方は、まずセミナーにご参加下さい。会社の雰囲気も知れると思います!

不動産投資について勉強したい方や、成功する物件の選び方について知りたい方、最新の不動産市況について知りたい方、今の年収に満足できない方も、もちろん大歓迎!さまざまな種類の内容と、細かに調べ上げた充実した資料で、参考になる内容ばかりのずです。セミナーは少人数開催となり、質問などもしやすい環境です!

和不動産は、毎週金、土、日と祝日をメインに、年間150回を超えるセミナーを開催しております。ご自宅でPCからご参加いただけるオンラインセミナーも多数配信中!セミナー参加者へは代表の執筆書籍をプレゼントしております。セミナー参加には、事前に申し込みが必要ですので、下記バナーリンクよりぜひご興味のあるセミナーへご参加いただければと思います!

セミナーバナー

<和不動産所在地/セミナー開催場所>
東京都千代田区神田須田町1-7-9 VORT秋葉原Maxim7・8・9階

<和不動産へのアクセス>
■JR線「秋葉原駅」徒歩5分(電気街口)
■東京メトロ銀座線「神田駅」徒歩2分(6番出口)
■都営新宿線「岩本町駅」徒歩4分(A2番出口)