賃貸管理会社を移管するときに考える事

▼賃貸管理のご相談はコチラから▼
先輩オーナーと比較する、個別無料相談

賃貸経営を行うとなると、所有物件の賃貸管理をする必要があります。
今回は、賃貸管理の業務内容や、賃貸管理会社を移管する必要があるかどうか、和不動産の賃貸管理の特徴について
解説していきます。

賃貸管理の業務内容

・入居者募集
・入居希望者の入居審査
・家賃集金・送金
・入居者のトラブル対応
・退去立会
・敷金精算
・更新業務
・各種契約書類の作成
・現状回復

賃貸管理の業務は仲介などで売買契約後を締結して取得した建物の管理全般を行います。主な業務は入退去、更新や入居者との対応です。
サラリーマン大家さんの場合、賃貸管理に係ることを一定の業務委託料を支払うことで、
賃貸管理業務を賃貸管理会社への代行を利用することによってオーナー様はご負担なく賃貸経営を行うようになれます。

賃貸管理会社を変えるきっかけ

オーナー様が賃貸管理会社を移管するきっかけとしては、以下のことが考えられます。
移管するオーナー様は、今の管理会社に不満・不信感を抱いている以上、

・賃貸管理会社の担当者に不満がある
・業務委託費用が割高
・賃貸管理が行き届いていない
・入居者募集に力を入れていない
・賃貸管理会社の経営状況が良くない
・サブリース契約を解除するタイミング

賃貸管理会社を移管する方法としては、①現在の管理会社へ解約通知を行います。
具体的な期日を確認するには、集金代行契約書や家主業務代行契約書と呼ばれているオーナー様と賃貸管理会社の間で締結した賃貸管理に係る契約書に記載があります。
契約解除にまつわる項目から、何カ月前に解約通知を出す必要があるかを確認しましょう。

次は、②賃貸管理会社間での引き継ぎ業務が必要になります。
次に委託する賃貸管理会社が、今の入居者との契約状況、お金の流れはどうなっているのか等を確認する必要があります。その為、オーナー様は委託する管理会社へ委任状等を記入して行うようにしましょう。

そして、③入居者への通知を行い。入居中のお部屋の管理会社が変わったことを通知する必要があります。

移管する流れとしては、①~③を行うことで賃貸管理会社を変更できます。
この流れの中で、移管先と契約書を締結し、契約期間・業務内容・契約する物件・業務委託費用等を様々定めていきます。

和不動産の賃貸管理の特徴

和不動産では、オーナー様から預かった物件を約1000戸管理しております。その中でも他の管理会社から移管されるケースも多くあります。
移管される理由としては和不動産の安さと早さが気に入ってもらえています。

賃貸管理手数料は、業界でも低水準の賃料の3%(上限3300円(税込))で行っております。
そのうえ弊社は、NRICOSという独自開発の収益物件管理システムを用いた3ヵ月に1度の定期面談を行うコンサルティング業務もセットの価格だと思ってください。

もう一つの特徴として、原状回復チームを自社に置いていることで
退去立ち合い⇒原状回復⇒⇒リフォームまでワンストップで行っているため、はやい・安い・キレイを実現しております。

キッチンbefore2

キッチンafter1

原状回復の技術として、水回りを交換せずに磨くことで新品同様の輝きを放ちます。
交換するより廃棄物も出ず、価格を抑えらます。
他にもクロスについて特殊技術の施工を行っておりますので気になる方は、個別相談で原状回復・移管についてご相談くださいませ。

この記事を読んでみていかがでしょうか。
他にも賃貸経営について解説したセミナーがありますので是非ご参加下さい!

セミナーでは賃貸経営を含む不動産投資に関わる全般の内容で行っています。
オンラインでも実施しているため、大阪・京都の関西エリアをはじめ、名古屋、福岡などの東京から遠く離れた場所でも参加家のづえす。

▼和不動産の不動産投資セミナー▼
不動産セミナーのお申し込みはこちらから

また、ワンルームマンション投資専門の和不動産では無料個別相談も受け付けていますので活用ください。
「これから不動産投資を始めようと思うが何をすればいいのかわからない」
「すでに持っている物件の収益を上げたい」
など疑問や悩みなどをぜひ弊社の実績あるスタッフにぶつけて下さい。
お客様の親身に対応し、効果的なアドバイスや思いもよらない方法の提案をお伝えします。

▼無料個別相談(オンラインも可)のお申込みはこちら▼
先輩オーナーと比較する、個別無料相談

ワンルームマンション投資専門の和不動産が開設した公式LINEでは、ためになる情報を毎週お伝えしています。
また、LINEでしか流していないオトクな物件情報もあるので、お友だち登録お願いします。

▼LINEの友だち登録をする▼
投資の基礎知識やお役立ちコラムを発信

関連記事

  1. 生涯年収の1割

    35歳会社員が65歳定年までに1億円超を得る仕組みとは?

  2. FIRE 4%ルールとは

    自分のお金を使わずに投資する⁉他にはないメリット~投資~

  3. 不動産投資の再投資で高リターンを得ましょう

  4. 和不動産は東京×不動産投資の運用ノウハウを知っています

  5. 貯蓄から投資へ

    成功するサラリーマンのためのマンション経営の数字戦略

  6. 株式会社和不動産の口コミ・評判について|N-RICOS