ワンルームマンション投資はなぜ「やめとけ」と言われるの?

ワンルームマンション投資で情報収集をしていると「やめておいた方が良い」という投資家の意見をよく目にします。
今回の記事ではそれは一体何故なのかを解説していきます。

▼無料個別相談(オンラインも可)のお申込みはこちら▼
先輩オーナーと比較する、個別無料相談

ワンルームマンション投資は儲からないのか?

インターネット等で調べてみると圧倒的に良く見るのがこれですよね。
ワンルームマンションは儲かる状況にない。
実際のところワンルームマンション投資が儲からないというのは事実でもあります。
ここでいう儲かるというのが相対的なものでありどれ位の利益が出れば儲かるというのかは議論がありそうですが、ワンルームマンションを買っただけでお金が湯水の如く湧いてくる事もなければ、何倍にも利益が膨らむ様な事もありません。
不動産投資における収益性を利回りと呼びます。
これは年間の賃料収入を物件価格で割った数字の事を指すのですが、収益物件同士の収益性を比べる際に用いられます。
東京のワンルームマンションでは中古物件でも表面利回り4.5%前後で取引されており、土地そのものの運用や一棟アパートや戸建て物件と比較すれば利回りが低いのは事実です。
不動産投資も投資ですから、利回りが高いという事は利益が出るという事になります。
そう考えるとアパートや戸建ての投資の方が利回りが高いのですから儲かると言えます。
しかし、それは同時にリスクが高い事を意味します。
リスクとリターンは鏡合わせになっています。
儲かるという事には保証されないリスクが伴います。
ワンルームマンション投資は儲からないと言われていますが、それはアパートなどの利回りの高い投資に比べればリスクが低いとも言えるのです。
ワンルームマンション投資を儲けようという戦略で行うのは間違いかも知れません。
それはワンルームマンション投資は低いリスクで手堅い財産形成を目指してやっていくのに向いています。
不動産投資には複数の種類の物件があります。
一棟アパートや新築マンション、中古マンションや戸建てなどです。
それらそれぞれの中でどれが良いとか、悪いという話ではなく、リスクリターンが異なるのです。
物件種別ごとに特徴が異なりますので、自分の目的に合った物件を選択する事が大切です。

ワンルームマンション投資は儲からないのではなく、独自の対応方法があります。
ただ買って放っておいても利益が出難い投資です。
購入後にしっかりと運用し、適切なタイミングで売却できればワンルームマンションでも利益を出していく事は出来ます。
どうすれば利益が出るかは下記のサイトをご参考下さい。

ワンルームマンション投資は節税にならないのか?

不動産投資で節税を謳う話はよく聞かれます。
これは不動産投資を始めると賃料収入が発生するため確定申告を行うようになるのですが、その際に不動産投資側で支出が収入を上回って赤字となると給与収入と相殺して所得を減らす事が出来るためです。
ワンルームマンションに限らず不動産であれば売買を行うことで経費の計上はできますので、これはワンルームマンションに限った話ではありません。
不動産投資では建物を減価償却して経費にする事ができ、他の手数料などを合わせた経費の総額が賃料収入を上回る計算になる事があります。
賃貸経営の赤字と給与とを相殺する事を損益通算と呼びます。
この損益通算が節税になるという話の根拠なのですが、マンションは法定耐用年数が長く、減価償却の期間もそれに伴って長期間となります。
新築のワンルームマンションなどですと建物の償却期間が長く、大きなマイナスにはならないでしょう。
設備を別途計上する事でマイナスを作りますが、法定耐用年数が15年となってますので長い間節税できるとはなりません。
損益通算で経費を計上する際に雑費を大きく計上して支出を増やす人がいますが、これはいけません。
新築にせよ、中古にせよワンルームマンションが節税になるのかといえばなります。
しかし、それは多くの人が期待するような何十万も所得税が還付されるような事が毎年のように起こる事ではありません。
節税目的にワンルームマンションを買うのはお勧め出来ません。
節税は不動産投資の目的としては不適切です。

一部相続税の対策として不動産が活用されますが、多くの場合所得税の節税の事をさしているのでしょう。
正しく言えば節税にならない訳ではないが、期待している程ではないし期待してやるものでもないと言えます。

ワンルームマンション投資は保険にならないのか?

これも見かけるものです。
不動産をローンで購入する際には団体信用生命保険に加入する訳ですが、もしもローンを支払っている途中で物件を買った人が死んでしまってもこの保険金によりローンの残債は返済されます。
なので、買った不動産は相続財産となり家族などの相続人に財産として引き継がれるのです。
これがまず死亡保険として機能します。
さらに、完済されたマンションからは賃料が入るようになりますが、これが年金代りになると言われています。
このように不動産投資は団体信用生命保険や賃料収入を用いて保険の代わりが効くというように言われています。
この事自体は事実です。
では、何故保険にならないですとか、言われているのでしょうか。
それは先ず保険効果に対するコストが挙げられます。
新築ワンルームマンション投資で保険効果を考えた場合、月間の収支の持ち出し部分が保険料に置き換えられます。
勿論収支の持ち出しは保険料ではありませんが、「保険に入っているようなものです」と言われたとしたらそう考える事になります。
その持ち出しがいくらになるのかは物件等によるかと思いますが、その金額に見合うだけの保険になっているのだろうか?と考える事が大切です。
不動産のローンはローンの支払いが進む事で残債が減っていきます。
これはつまり保険効果で見れば年々効果が下がっていく事を意味します。
3000万円のマンションを購入してその年に死ねば3000万円の保険金となりますが、残債残り100万円の時に死ねば100万円の保険金となってしまうのです。
このようなタイプの保険を逓減定期保険と呼びます。
団体信用生命保険は逓減定期保険とよく似ている訳です。
逓減定期保険と聞くとあまり馴染みがないかも知れませんが、収入保障保険と聞くと如何でしょうか?
収入保障保険も逓減定期です。
毎月保険料を支払う代わりに60歳等の決められた期間の間毎月定額が支払われる保険です。
この保険も30歳で死ねば30年間保険金が支払われますが、59歳で死ぬと1年しか払われない訳です。
このように保険効果が年々低下していくタイプの保険となりますので良く理解しておく事が大切です。
収入保障保険の売りはその保険料の安さにあります。
月々数千円で保障をかける事が出来ますので、最低限の保険に加入したい人にとっては便利な保険です。
しかし、それだけで不足が無いかと言われれば難しいです。
いよいよ年を取って本当に死亡のリスクが高まった時には保険効果が無くなってしまうのです。
毎月何万円も持ち出していて、それを保険料だと納得するには保険効果が低すぎると言えます。
ですので、保険の代わりになるというのは嘘ではないのですが、完全に取って代われると考えるのは不適当と言えるでしょう。

年金についても代わりとなると考えるよりも収入源になると考えた方が適切です。
年金保険や年金制度は定額のお金が入金されるのに対して不動産は賃料が変わるかもしれませんし、突発的に修繕費が請求される可能性もありますし、入居状態によっては入ってこないリスクもあります。
「保険代わりになる」とは保険効果を兼ね備えるという意味であり、保険が要らなくなると言えるほど過大に期待出来るものではないのです。

ワンルームマンション投資はやめておくべきなのか?

人気のワンルームマンション投資を検討している人がこれまで書いてきたように節税や保険代わり、儲ける事を期待しているのでしたら難しいと言えるでしょう。
では、ワンルームマンション投資はやらない方が良いのでしょうか?
ワンルームマンション投資はやり方によっては安定した財産形成に繋がる事も事実です。
楽して儲けるとか税金を払いたくないとかいった動機ではなく、コツコツとした財産形成に興味がある人にとってはワンルームマンション投資は最適です。
言い方を変えてみましょう。
もし不動産投資で儲けたいならアパート経営の方が儲かるでしょう。
しかし、それは上手くいけばという条件が付きます。
アパート経営はフルローンを組めることは基本的になく、ある程度の現金が手元に必要となります。
そして銀行からの融資を調達でき、安くて高利回りのアパートを購入出来て、満室で運営できれば高い利益を期待出来ます。
これが上手くいくという事です。
その為には上手くいく物件を選ぶ力や、満室運営していくための知識や経験が必要となります。
誰でもただ買えば儲かるというものではありません。
それがリスクです。
リスクが低いという事は利益も低い傾向があるという事です。
大きな失敗はしたくないけど、与信活用はしたい。
そういうサラリーマン大家さんにとっては、人口が集中している都心エリアに厳選して物件があり、変動要素が少なく年収の底上げをするワンルームマンション投資は最適な選択肢の一つです。
入居者から得た家賃収入で金融機関から借りた低い金利の借入れ金を繰上返済し、空室にならないように修繕管理費に気を遣いコツコツ資金を増やして事業を拡大していける可能性があります。そのため初心者も参入していきやすい投資方法です。もちろんさまざまな事例に自身で対処する必要があるという注意点もありますし、契約も取る必要があります。
ワンルームマンション投資は最新の人気であるエリアを把握し、住宅家賃相場による影響を把握する必要があります。さらに借主の立場になり、物件の立地など選び方の基準を決めることである程度の基礎を固めましょう。また個人だけでは限界があるのでパートナー企業となる管理業者をきちんと審査する必要があります。無料のコンサルティングを利用しつつも必要な場所に費用をかけて、満足のいく価値ある内容を選びましょう。
まとめると、低い収益性を繰り上げ返済や再投資で補って運用していく事でワンルームマンション投資でも利益を上げる仕組みを作っていく事が出来るのです。

詳しくは下記のページで紹介しております。

不動産投資セミナーも好評開催中!

また、和不動産では参加費無料のセミナー・オンラインセミナーも開催しております。オンラインで開催しているため、全国どこからでもご参加いただけます!個別相談で何を話していいか分からない、しつこい営業を受けるのは嫌だという方は、まずはセミナーにご参加くださいませ!
下記にセミナーのテーマ一覧を記載いたします。

「マンション投資を始める際に注意すべき点は?」
「購入するときに注目すべきポイントは?」
「効率的な運用をする方法は?」
「結果を出す人とそうでない人の違いは?」
「実際に投資の体験をしてみたい!」
など、様々なお客様の疑問を解決するため、初心者からオーナー様まで様々な方へ向けたテーマのセミナーをご用意しております。オンラインセミナーなら自宅から短時間で、気になるテーマについて知識を付けることが出来ますので、ご興味があればぜひお気軽にご参加ください。
投資先のお悩みを解消するセミナー

和不動産公式LINEアカウントで限定情報をゲット!

和不動産LINE公式アカウントでは、お友だち限定で、通常非公開の物件情報やセミナー情報、マンション投資に役立つお得な情報をお届けしています!お客様の個別の質問にもお答えいたします。有益な情報を見逃したくない方はぜひお友だち登録を!
LINE講座お役立ち情報を発信

関連記事

  1. 生涯年収の1割

    35歳会社員が65歳定年までに1億円超を得る仕組みとは?

  2. 富裕層は低税率で課税されている?

  3. こだわりの賃貸管理メソッド

    和不動産は、賃貸管理や様々な工夫で収益向上を目指します

  4. ゴールベースアプローチとは

    ゴールベースアプローチとは ~貯蓄から投資へ

  5. ワンルームマンションを売却時期っていつがいい?

  6. 勉強が大事!ワンルームマンション投資の失敗を防ぐ方法