高所得家庭に潜むリスク|本物のお金持ちとは?

世帯年収が低い訳でもないのにお金が無い。
今高所得世帯の貧窮が問題になってきています。
年間世帯年収が1000万円以上あるにも拘らず老後資金が無い、貯蓄が無い、ゆとりが無い。

年収一千万円と言えば高収入なはずです。一体何故こんな事が起こっているのでしょうか。

高世帯収入の家庭では現金があるため、何かと浪費の誘惑が多いものです。
近隣のお付き合いなどで見栄を張るとランチやらの出費がかさんだり、子供の教育費も際限がありません。
収入が高いからと家や高級車をローンで買ったり、仕事のストレスを旅行で解消しようとしたりしているとあっという間に支出が多くなってしまいます。

そして、そのまま定年を迎えるとどうなるでしょうか。
年金による収入は現役時代の3分の1程度となります。
支出もそれに伴って下げないといけない訳ですが、それがなかなか出来ません。

生活習慣は一朝一夕で変えられるものではなく、現役時代の感覚でお金を使っていると年金では全然足りないとなってしまいます。
折角の退職金も早期に取り崩す事になり、貯蓄が底をつくまで変えられないなんて事にもなりかねません。

高所得世帯の老後破産は対岸の火事ではなく、大変身近な事なのです。
一体原因は何なのでしょうか。

可処分所得と貯蓄可能額

可処分所得とは収入から税金や年金を引いた使う事の出来るお金の事になります。
この可処分所得から生活支出を引いた金額が貯める事の出来るお金「貯蓄可能額」という事になります。

高所得の世帯であってもこの貯蓄可能額が著しく低いかマイナスであると破産に突き進む恐れがあります。
月間60万円の手取り収入があっても65万円使っていてはお金は貯まりません。
収入が上がるとそれに伴って支出も増えていきます。
支出が増えた状態で引退という事になれば当然赤字化してしまうのです。

高収入世帯では消費に対する考え方が低収入世帯と異なります。
使えてしまうお金があるため、使ってしまうのです。
不必要な買い物や浪費の誘惑に駆られ易いのも問題かもしれません。
その他、教育や健康など使っても良いと思える支出で過分に消費する事も目立ちます。
低所得である自覚があれば使いすぎないように気にする訳ですが、年収が高いという自覚が消費にブレーキをかけにくくしてしまうのです。

高額な自宅や高級車をローンで買うのも良くありません。
バランスシート上ではどちらも負債が勝るため、資産になってません。
カード等で支払いをする事が多いかと思いますが、多くの買い物では支払う約束を積み上げているだけで債務だけが増えていく買い物をしています。
家計簿を付けるなどして収入と支出を把握してないと使途不明金が際限なく増えてしまうでしょう。

では、どうすれば良いのでしょうか。

 

>貯蓄・投資の計画を立てるのが難しい、今の状況を相談したい、という方は、ぜひ和不動産の個別相談へ!

収入がある事が金持ちではない。

第一の誤解は年収が高い=金持ちであるという感覚です。
お金持ちの定義は人それぞれかも知れませんが、資産がある事を指します。
年収が高いというのは入ってくるはずのお金が多いという事です。
それはお金を持っているのでは無い訳です。

お金を持っているとは資産を持っている事
貸借対照表上の純資産を多く持っている事をお金持ちと呼ぶ訳です。

多くの世帯にとって必要な事は家庭内の損益計算書と貸借対照表を付けてみる事です。
そこで、家計の本当の純資産が分かります。
ここがマイナスの世帯はお金持ちどころか債務超過している貧乏な状態なのです。

老後破産に陥る高所得世帯とはこの純資産が不足している世帯が殆どです。
家計内も企業と同じであり、収入と支出の差が利益=貯蓄可能額となります。
そして、その自己資金をさらに増やしてく事で資産を伸ばしていく事が求められているのです。

そして、退職して給与収入が無くなった時積み重ねてきた純資産によってそれまでとの生活のギャップを埋めていくようにする訳です。

純資産の作り方

それでは、純資産はどう作れば良いのでしょうか。
投資などを活用し資本を拡大してく事が大切になってきます。

そのためにも先ずは貯蓄から始めます。
可処分所得ー生活支出=貯蓄可能額です。

家計簿をつけて貯蓄可能額を割り出します。
計算上の数字が出たら毎月給与が支払われた段階でその「貯蓄可能額」を口座から移してしまいます。
家計簿の計算が正しければ残ったお金で生活出来るはずです。
このようになるべく「貯める努力」をせず、習慣になるよう工夫する事が大切です。
頑張って貯めようとしても続きません。

貯蓄は習慣にしないといけません。
そして、貯めたお金を投資に回していきます。

どんな投資をするかはここでは触れませんが、資金を捻出する→資金を投資する このサイクルを作る事が大切です。
仕組み作りが資産を形成するポイントになります。

投資を始めるようになったら自分自身の運用実績も記録します。
自分の資産が増えていく事をしっかりと記録していく事がモチベーションを保つ事に繋がります。

貯蓄の習慣が付き、お金を増やす仕組みが作れたらさらにそれを拡大する事を目指します。
高収入世帯であるという事は銀行与信も活用出来ます。
与信とはお金を借りてくる事の出来る信用の事です。

借金を活用というのは調達した資金で投資を行うという事です。
例えば2%で借りてきた資金で4%の金融商品を買えば2%の差し引き利益を得る事が出来ます。
これを与信活用と言います。

不動産は代表的な与信活用です。
老後に困らない純資産を作るために出来る全てを活用していく事が財産形成の早道になります。

金融リテラシーを高めて、お金の勉強をする事で老後破産を避ける事が出来ます。
高収入である事を活かして本当のお金持ちになる事が人生を豊かにするコツなのだと思います。

財産形成に関してプロに相談する。

ここまでお読み頂き、それが出来れば苦労は無いと思う方もいるかと思います。
言うのは簡単、実行する事が難しいという訳です。

家計簿を付ける、貯蓄をする、投資をする、運用実績を付ける、これらを実行する事こそが大変であるからこそなかなか実現に踏み出せないでいる。
そんな人は実は大勢います。

多くの人が自分にとって苦手な事や後回しにしている事をどうしているかと言えば、外注して解決しているのです。

アメリカではコーチングという仕事が一般化していますが、日本では何かを教えるという事に対して対価を払う事があまり定着していません。
資産形成のように自分一人で取り組むには色々な事を勉強しなければいけないようなものこそ、ある程度の部分をプロに外注してしまい、なかなか踏み出せないでいる状態を脱却してしまう事が重要であったりします。

帳簿を付ける事や煩雑な手続きは委託してしまい、財産形成の大事なポイントを早期にスタートする事で仕事が忙しい中でも投資をスタートさせる事が出来ます。

ヒアリングを元に収支を記録し、リタイアの時期を想定して必要な資産を算出
どれ位のリスクでどれ位のリターンを得られるかからどんな投資を行えばよいかをコンサルする事が出来ます。
投資は怖いとお考えの方も多いかも知れませんが、何もしない事のリスクは大きく、備え無く老後を迎える事による老後破産の方がよっぽど怖い筈です。
収入に余裕がある現役時代に老後の備えを行わないと、老後になってから対応しなくてはいけません。
仕事もない中ではどうにも出来なくなりますので、少しでも余裕のあるうちに対策をしておく方が良いでしょう。

和不動産の投資コンサルティングシステム【N-RICOS(エヌリコス)】

和不動産が持つ他社とは一線を画す強みとして、『投資開始後のアフターフォローの手厚さ』があります。
今回の記事でご紹介したように、着実な財産形成には着実な資産運用が不可欠です。

わたしたちはマンション投資のプロとして、不動産投資は物件購入後の運用こそ重要であると考えております。
N-RICOSは和不動産が自社開発したマンション投資コンサルティングシステム。数多くの成功オーナー様の実績をデータとして蓄積しています。

机上のシミュレーションではなく、実例をベースとした「生きた」データを参照が可能です。
投資家の皆様に成功事例のマネをして頂けるよう、懇切丁寧にコンサルティング致します。

全ては不動産投資家・オーナー様の自己実現と満足のため。
私たち和不動産に、皆様の老後の資産形成をご相談くださいませ。

マンション投資コンサルティングシステム【N-RICOS】無料体験申込みはこちら

ご興味のおありの方はN-RICOSを無料でお試し頂けます。
ぜひ一度、和不動産の他社にはないマンション投資コンサルティングを体験して下さい!

▼バラエティ豊富なテーマで投資を学べる!和不動産のマンション投資セミナー!▼

▼和不動産の公式LINEなら不動産投資に役立つ情報をGETできます!▼

関連記事

  1. カレンダー

    【夏季休業のお知らせ】8/14(金)~8/18(火)

  2. 部屋02

    マンション投資の成功は目標達成にあり!

  3. マンション03

    資産収入を増やすには、まず資産・収入・支出の確認から!

  4. ワンルームマンションオーナーが物件を売却し、新しい物件を購入するメリッ…

  5. システムキッチン

    マンション投資で生命保険の見直しをする方法

  6. エレベーター

    マンション投資で、融資枠や運用環境を有利にするコツとは?