辞めたいワンルームマンション投資。その時の注意点とは?

ワンルームマンション投資を辞めたいと考える人の注意点

ワンルームマンション投資を始めたのはいいが、「運用の仕方が分からない」「どこに資金を使えばいいか分からない」「キャッシュフローが低くて悩んでいる」などの理由から運用の仕方が分からず、売りたいと考える人が多くいます。

不動産物件を購入したはいいが、仕事が忙しく購入後の運用をおろそかにしてしまい、何をしていいのか分からずに辞めたいと思ってもずるずると所有しているのではないでしょうか?

ワンルームマンション投資で成功するためには、時々に発生する変化に対応する事が必要になります。
しかし対応できないと次第に大きな問題になり、ワンルームマンション投資を行う事が困難になってしまい辞めたいと考えるようになるでしょう。
不動産投資は効率的に運用することで失敗を回避する事ができます。

そこでポイントとなるのは、ワンルームマンション投資に関する環境がどのような状況にあるのか理解して対応することです。ワンルームマンション投資は長期間で考える必要があり、その時々の状況に対応すれば家賃収入を安定して得ることができるでしょう。

状況の変化には3つの要素がありますので確認していきましょう。

1.物件自体の問題

経年変化や、家賃の変動、修繕などが挙げられます。

ワンルームマンション投資を効率的に行うためには、修繕をして家賃収入を上げる必要があります。その際に家賃収入により得た収入を、さらに家賃収入を上げるための資金源として使い、再投資することが効果的です。

ワンルームマンション投資により得た収入は、家賃収入を毎月得ることの積み重ねになります。
毎月一定の収入が入るため、比例的に資産が増えます。
さらに資産を増やすスピードを高めるためには、お金に働いてもらい収入を増やす仕組みを増やす必要があります。家賃収入によって得た収入をさらに収益を増やすための再投資として使うことで、指数関数的に資産を増やすことができます。

ワンルームマンション投資で成功している多くの人は、再投資による運用をして収益を増やす複利的な運用をしています。

2.オーナー自身の問題

そして次にあげられるのがオーナー自身の問題になります。

オーナー自身がどのような状況にあるのかで運用の方法も変化します。ワンルームマンション投資を行う十分な自己資金や時間があるのであれば、一棟物件もありでしょう。しかしサラリーマンであり、できるだけ自己資金は押さえたい、仕事が忙しいため時間が捻出できないというのであれば、ワンルームマンションがいいでしょう。
また、公務員が不動産投資を行う場合にも副業として認められるものとそうでないものがあります。

資金の状況だけではなく、ご自身の年齢によっても変化します。例えば老後にゆとりのある生活を送ることが目標である場合、どのような物件を購入して何歳でどの程度のキャッシュフローが必要なのか考える必要があります。

ご自身の状況を理解せずに不動産投資を始めると、目標を達成するための運用が困難になり、辞めたいと考えるようになってしまいます。
そして運用がうまくいかずに不動産投資を辞めたいと考えるようになってしまいます。そのため、事前に自分の状況を把握して、どのような投資商品が適切なのか判断する必要があります。

3.社会動向による影響

最後のポイントとして挙げられるのが社会動向による影響です。景気や人口の動向、税金や社会保障の負担額の変更などが挙げられます。

ワンルームマンション投資は、購入時の状況が続くことはほとんどないでしょう。それは経済と密接にかかわっているからです。例えば、インフレが起こり、物価が上がれば不動産の資産価値もあがるため家賃収入を上げてキャッシュフローを増やすことが可能になります。
所有している物件の周辺で再開発が行われてビルが建ち、そこに会社が入れば、ビジネスマンが増えて周辺に住む人が多くなります。すると所有している物件の需要も高まるため家賃を上げてキャッシュフローを増やすこともできるでしょう。

また税制面にも注目する必要があります。例えば相続税の問題です。税制の改正により相続税の基礎控除額の縮小と税率の見直しに伴い増税しました。それにより相続税の課税対象者が増えたことから、節税対策としてワンルームマンション投資への関心が高まっています。ワンルームマンション投資の需要が高まるとそれに伴って物件の価値も高まるでしょう。特に都心のワンルームマンションはワンルームマンション規制の影響により、供給が制限されています。

このような世の中の状況を把握する事も不動産投資をする上で大切な要素になります。そのため、物件を購入したことに満足してその後に何もしないと、状況の変化に伴う入居者の需要を満たすことが出来ず、家賃収入を十分に得ることができなくなることも考えられ、辞めたいと考えるようになってしまいます。

収益性を高めるには?

ワンルームマンション投資で収益性を高めるためには、3つの要素を理解して運用する必要があります。
それは、「内部成長」「外部成長」「財務」です。
内部成長は、「既に保有している物件にリフォームなどを施して収益性を高める事で、キャッシュフローを向上させること」、
外部成長は、「新規に物件を追加取得することで資産規模を拡大して、収益原資となるキャッシュフローを向上させること」、
財務は、「ローンの借り換えや繰り上げ返済などで財務コストを下げること」
になります。

これらの要素に対応する事ができればキャッシュフローを向上させることが出来ます。

収益を上げられる人と辞めたい人の違いとは?

これまでワンルームマンション投資で辞めたいと考えた時に注意すべき点について説明しました。

マンション投資に限らず投資で成功するには、知識がありそれを行動に移せる人です。
しかしそれは全ての人ができるだけではありません。だから行動をする必要がある。

収益を上げられる人は、知識と行動力があり自分で対応できる人です。
一方で、知識も行動力もない人はどれだけいい物件を所有していても、最大限に活かすことは出来ないでしょう。しかしそれでもマンション投資で成功することは出来ます。

それは1人で行わず、お金の専門家にアドバイスをもらうことです。
これまでいくつかの注意すべきポイントについてお話ししましたが、1人で全てに注意を向けてワンルームマンション投資を行うことは容易ではありません。1人で対応しようとせずに、知識を豊富に持っている専門家に頼ることも必要ではないでしょうか。知識不足や何をすればいいか分からずにほっておくと、変化に対応できず、問題が大きくなってしまいどうすることも出来ず、ワンルームマンション投資を辞めたいと考えるようになってしまいます。
そのため、専門家からアドバイスをもらうことで失敗を回避しましょう。

専門家に頼ってワンルームマンション投資の成果をあげよう

多くの人が1人で物事を解決しようとします。専門家からアドバイスをもらうことには金銭的な負担が生じます。
アドバイスをもらうためにお金を払うことに抵抗があると思います。しかし、1人で問題を解決できずにその問題が大きくなってしまうと、将来的に負担額が大きくなってしまいます。

和不動産では3ヶ月に1度の無料面談を通して、実際に行動を促すようなアフターフォローサービスを行っております。
自ら相談に行きその際に毎回お金を払うことに対して抵抗があるでしょう。しかし和不動産では物件を購入すると無料のコンサルティングサービスを提供しています。

定期的に面談をする事で、まだ気が付いていなかった問題を把握して、変化に対応する事が出来ます。

和不動産では、N-RICOSというコンサルティングシステムを用いて、実際に成功しているオーナー様の実績を参考に、自分だけのロールモデルを作ることが出来ます。
N-RICOSを活用することで、行動をマネするだけで順調なオーナー様の運用に近づくことができます。このようにモデルケースを根拠にしてアドバイスしているため、マンション投資のパフォーマンスを上げることができるのです。

お金を得るためには、お金の上手な管理と運用が必要になります。自分のお金の流れを理解していない人は、お金持ちになることは容易ではありません。そのためまずは自分自身のお金について理解することが重要になります。しかしマンション投資に関するお金がどのように 流れているのか把握することは容易ではありません。さらに物件を複数所有することになると、さらにお金の管理をする事が困難になるでしょう。そのサポーターするのがN-RICOSになります。

N-RICOSで具体的に数値化しているチェックポイントは5つあります。

1.資産管理

一つ目のチェックポイントは資産の管理です。ワンルームマンション投資をする上で最も大切なことはキャッシュフローを最大化させることです。そのため、「収入」「支出」「資産」「借り入れ」などを定期的に入力してその推移をモニタリングしています。
これらを管理することでワンルームマンション投資をする際に利用できる金額が分かるため、将来の投資行動で失敗しにくい選択をする事が出来ます。そして行動を起こした結果、キャッシュフローや預貯金、収支の推移がどのように変化したのかを管理することでさらに数値を改善するアドバイスをすることが可能になります。

2.1部屋ごとの物件管理

ワンルームマンション投資を行う時に陥る問題が、物件をまとめて管理してしまうことです。すると、将来何か問題が起きた際に、物件のどこが、どのように問題なのか把握することが困難になります。そのため事前に物件の正確な数値を把握していれば、仮に問題が起きたとしてもすぐに対応することが出来ます。

和不動産では、1部屋ごとに「年間の収入と支出」「収支の変遷履歴」「繰上返済の金額と費用対効果」「現状回復などの費用と効果」「家賃の推移」「実際の空室期間」などの運用状況を記録します。

3.目標管理

ワンルームマンションはオーナー様の目標を達成するためのものであり、所有することが目的ではありません。そのため、ワンルームマンション投資をすることで、どのような目的を達成したいのか決める必要があります。その目標を達成するためには段階を踏んで一つひとつ達成しなくてはいけません。

和不動産では、オーナー様の最終的な目標を「大目標」、2~5年を目処に達成できそうな目標を「中目標」、一年以内に達成すべき目標を「小目標」として、日々のコンサルティングを実施しています。

目標達成の道のりを1人でクリアしていくことは容易ではないでしょう。うまくいかずに、ワンルームマンション投資を辞めたいと考える可能性もあります。そうならないためにも、ワンルームマンション投資のプロである和不動産に寄り添っていただければ幸いです。

4.出納帳

ワンルームマンション投資をしていて避けて通れないことが、確定申告です。確定申告の際に税理士に依頼していたら費用がかかってしまいます。自分で行えば費用は抑えられますが、処理の仕方が分からない場合、処理に時間がある場合も考えられます。

そこで出納帳を活用することでその問題を解消することができます。この項目や数値を見ていくことで次第にワンルームマンション投資の確定申告をご自身で行うことも可能になるでしょう。さらに投資に関するリテラシーも高まり、ノウハウも蓄積させます。

5.トータルの収入と支出の管理

ワンルームマンション投資をして収益がでてくると、買い増しなどを検討して複数物件を所有するオーナー様が多くいます。その際に必要なことは全ての物件のトータルの収支を把握することです。
ワンルームマンション投資の効率を上げていくには、全体を見て一番収益が出る方法を選択する事が必要です。その状況を一目で確認できるように、トータルの収支と管理をしましょう。

このように5つのチェックポイントを定期的に記録していくことで、ワンルームマンション投資の管理や効果測定ができ、効率的に運用することが可能になります。これらの作業は地道にコツコツと管理をするため、1人でやることは容易ではないでしょう。そのため専門家からのアドバイスをもらいながら運用してみてはいかがでしょうか。

さらに詳しく知りたい方はぜひ、無料の個別相談へご参加ください。ワンルームマンション投資の専門家があなたのお悩みを解決いたします。
また、初回の面談にて物件の紹介をすることはいたしませんのでご安心ください。
無料個別相談

また、和不動産では無料のオンラインセミナーも開催しております。個別相談で何を話していいか分からない場合は、まずはオンラインセミナーがおすすめです。
自宅から短時間で、気になるテーマについて知識を付けることが出来ます。
初心者からオーナー様まで様々な方へ向けたテーマのセミナーを運営しておりますので、ご興味があればぜひご参加ください。

和不動産公式LINEアカウントで限定情報をゲット!

和不動産LINE公式アカウントでは、お友だち限定で、ここでしか見られない物件情報やマンション投資に役立つお得な情報をお届けしています!さらに、初めてセミナーにご参加いただく方の参加費が無料になるクーポンも配信中!

ぜひご登録ください!

関連記事

  1. マンション

    今、マンション投資が相続税対策として注目されている!

  2. カレンダー

    【夏季休業のお知らせ】8/14(金)~8/18(火)

  3. 辞めたい。ワンルームマンション投資の売り時・運用方法

  4. エントランスA

    マンション投資における現時点のROIを把握する

  5. 洗面所

    マイナス収支の不動産投資に陥らないための改善策とは?

  6. エレベーター

    マンション投資で、融資枠や運用環境を有利にするコツとは?