「FIRE」不動産投資で実現!4%ルールの目安とは?

▼無料個別相談(オンラインも可)のお申込みはこちら▼
先輩オーナーと比較する、個別無料相談

無料個別相談へ│株式会社和不動産

皆さんは、1ヶ月の支出の目安について考えたことはありますか?
総務省の家計調査によると、1世帯当たりの消費支出の平均は、平成30年時点で約25万円であることがわかりました。
つまり、私たちは現状で食費、水道・光熱費、医療、住居、保険関係の支払いなどに1ヶ月の目安として25万円も使っていることになります。出費に上限はない為、ある程度の目安を作って自身で制限していかないと金額は増えるばかりです。

現役時代は基本的に企業や法人などに勤めて給与をもらっているため、貯金しながらでもライフスタイルを問題なく送ることができると思います。
しかし、老後はどうでしょうか。例えば、寿命が90歳だとして65歳に定年退職をした場合、定年後約25年間は、老後のライフスタイルを送ることになるはずです。
また、なにかしらの原因により、働くことが困難になることもあり得ますし、年数が前後する可能性もあります。

仕事を辞めて収入が減ったから支出も減るかというと、そんなことはありません。支出は、収入に関わらず常に一定規模発生するものです。
仮に定年退職後、月25万円消費する生活が25年間続くとすると、その合計は7500万円にもなります。
これは非常に大きい金額であると評価する人がほとんどなのではないでしょうか?

老後もこれまでと同じライフスタイルを送るために必要な目安となる7500万円を自己資金で賄うことは、とても難しいことです。確かに退職後は企業年金の制度があります。

ですが、よく企業年金一覧の様な目安図を見ると、それだけでこの支出を当然賄う事が出来る訳ではないので、老後資金として貯蓄をする必要が出てきます。

年金で手当て出来る分を引いたとしても基礎的に相当額が必要になります。
ましてや平均余命は年々延びているので、未来に必要な額はこの限りではございません。老後どんな生活を送るのか、傾向や流れが掴めるかというと不確かなことも多いです。
これらを理由として、資産運用をする人が増え、投資信託の収益分配金などの株式投資や不動産投資に注目が集まりました。

そんな中、今流行している考え方に「FIRE(ファイア)」というものがございます。

今回はこちらをご紹介させて頂きます。

▼和不動産の不動産投資セミナー▼
不動産セミナーのお申し込みはこちらから不動産投資セミナーを探す│株式会社和不動産

セミリタイアの目安は「年間支出の25倍の資産」

最近、「セミリタイア」という言葉をよく聞くようになりました。
アメリカで「Financial Independence Retire Early (経済的自立をした早期リタイア) 」の頭文字をつなげた「FIRE(ファイア)」という言葉が生まれ、日本だけでなく中国や欧米諸国など世界的に一大ムーブメントになっています。
では、「FIRE(ファイア)」を実現するにはいくら必要なのでしょうか?
目安として、「4%ルール」も広まりつつあります。

4%ルール」とは、年間支出の25倍の資産を築けば、目安で年利4%の運用益で生活費をまかなえるという考え方です。

まず25年間の生活費を貯め、それを4%の運用利回りで投資していく事で資産元本を減らす事無く生活費を捻出出来るという事になります。

先程の生活費を代入してみますと、

300万円×25年=7500万円
7500万円×4%=300万円/年

という事になり、7500万円の貯蓄を取り崩さなくても老後生活を送っていけます。
この生活支出の25倍の資産を作る事が出来れば経済的自立をして不労所得だけで生きていけるので早期リタイヤをしても安心と言う事になるのです。

目安となる4%という数字は、米S&P株の成長率7%から、アメリカのインフレ率3%を差し引いて計算されたものです。
米S&P株は対象銘柄が多いため、投資家が市場全体の動きを把握する時によく参考にされます。

「FIRE」を実現し、不労所得生活を手に入れるために

経済的自立をして早期リタイアをすることで、投資家として不労所得で生活、早期リタイアはまさに皆様が希望する夢のような生活ではないでしょうか?
不労所得で経済的自立(早期リタイア
)をした生活をするためにすべきことは大きく分けて2つあります。

まずは何より「節約」です。
元手が無ければ、効率的な資産形成は実現できません。
利回りの高い運用が出来る人でも、ベースとなる資産が少ないと、投資効果は下がってしまうのです。

FIREでは生活費の25年分の貯蓄が推奨されています。つまりまずは目安となる7500万円を貯める必要があるということです。

早期リタイア(FIRE)の流行地アメリカでは年収に対する貯蓄率を上げる事でこの達成を目指す事を推奨しています。
イメージしてみますと目安として年収の50%以上を貯蓄に回すと言うことは年収700万円の人は350万円を貯蓄に回すということになります。
貯蓄率75%という考え方もあり、その場合の目安として700万円の世帯で175万円で生活するということにもなります。

現実的には25万円ほどの生活費がかかる環境で年収の50%を貯蓄するというのはかなり厳しい数字であることはいえます。この事から早期リタイア(FIRE)は高収入者に限った理論であるという意見もあります。

可処分所得(実際に使える収入)が1000万円ある場合700万円を貯蓄に回しても、生活費である300万円を捻出出来ますので、理論上は早期リタイア(FIRE)が成り立つと言う事になります。

いずれにしても最初の関門「節約」による貯蓄は難しいと言う事は理解しておきたい所です。

▼どこからでも参加可能なオンライン相談はこちらから▼
和不動産で不動産投資オンラインで簡単に相談可能!│株式会社和不動産

 

もう一つが「資産運用」です。資産形成は、資産運用を取り入れることで大幅に効率化できます。
これを行い投資の経験を積んでおくことで、セミリタイア後の生活費を稼ぐためのコツをつかむことが出来るでしょう。

実際に「25年分の生活費」が揃ったらそれを投資により資産運用していきます。
ここで目安とされる運用利回りが「4%」です。
この際、選択される資産運用の商品は定義されていませんが、株式や投資信託などを組み合わせてアベレージで4%を目指すということになります。
不動産投資も、早期リタイア(FIRE)を達成するための有効な手段の一つとして注目されています。特にワンルームの場合、サラリーマンでも比較的リスクが少なく老後破産、相続税対策としても人気が高まっています。
この4%ルールを意識して資産運用をすることで経済的自立をする必要があります。

目安となる4%の運用利回りを出す4%ルールは、リスクのある商品を選択する必要があるため、確実な訳ではないというのは当然のこととして踏まえるべきポイントになります。
この点については専門家からの批判も多く、運用実績ありきの理論であると言われている事は押さえておくべきです。
個人取引で毎年目安4%の運用利回りを出し続ける事が安易ではないと言う事もおさえるべき事です。

早期リタイア(FIRE)を達成している会社員の共通点は、インカムゲインを作る仕組みを計画的にコツコツと作っています。

インカムゲインを得る仕組みの近道はありません!

 

早期リタイア(FIRE)するためには、家賃収入や配当金からインカムゲインを得ることが目的なので株価の変動や物件価格の変動は目的とズレるため気にする必要がございません。
政府も貯蓄から投資へと、老後の資産形成へと準備する事を進めている状態になっております。
そのため、小額からでも投資をしてインカムゲインを得る仕組み作りを早急に作成しましょう。

投資についてご相談されたい方は、弊社独自のシステムを用いてご相談させて頂きますので、是非お気軽にお問い合わせくださいませ!

▼マンション投資でFIREを達成する目安を知りたい方は個別相談でお問い合わせください!▼
先輩オーナーと比較する、個別無料相談無料個別相談へ│株式会社和不動産

日本の現実に照らしてみるとどうなるのか?

ここまで読んでいきますと、FIRE(ファイア)ムーブメントというものが早期リタイアを目指して合理的な側面を持つ一方で、達成出来る条件を備えている人が極めて少数であるという事が言えるかと思います。

だからこそ、不動産投資を行い、仕事をやめ、早期でのリタイアに憧れる人も少ないかと思います。
実際に不動産投資を活用してリタイアする目安について、成功例や失敗例を確認していきましょう!

例えば年収500万円の方がこの理論で7500万円の貯蓄を達成しようと思っても年収の50%を貯蓄に回すと言う事は250万円で生活の全てを賄わないといけません。
家族世帯で10万円の賃料があるだけで120万円の賃料がかかります。
残り130万円で全ての生活費を賄う事が現実的でしょうか?

さらには250万円の貯蓄ペースだと7500万円の達成には30年間かかってしまいます。
もちろん、その30年の間も投資や運用を行うと仮定しても相当な時間がかかると言えます。
ともすればこの早期リタイア(FIRE)による早期リタイアはあくまでも高所得者だけの話なのでしょうか?

 

▼和不動産の不動産投資セミナー▼
不動産セミナーのお申し込みはこちらから

不動産投資セミナーを探す│株式会社和不動産

「与信」を活用して「節約」のペースを加速させる

皆様は「与信」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
その人の信用力、つまりお金をいくら借りる事が出来るのかを示した言葉です。

自分自身も働き、貯蓄も投資を行う事で働かせているとすると後は何を働かせる事が出来るでしょうか。答えは、借りてきたお金を働かせることです。

例えば500万円の年収の方は目安として4000万円ほどの与信枠を持っていることが多いです。
※その方の職業や金融機関、審査時の経済状況などで異なります。

低金利時代の今、2%前後でこの4000万円を資金調達して投資を行う事で資産形成を速めます。
「FIRE(ファイア)」の論点は生活支出の25倍の資金(今回の場合7500万円)を作る事にあります。
その手法は貯蓄に限られるわけではないのです。

運用可能な資産が7500万円に達しさえすれば早期リタイア(FIRE)は実現可能となります。
与信活用は現預金の少ない20代、30代といった年代でも可能である事もポイントです。
むしろローン期間を長期でとれる若年層の方が有利であると言えます。
ではここで、編集部目線で皆さんにご紹介したい不動産投資のモデルケースをご紹介したいと思います。

 

▼和不動産の不動産投資セミナー▼
不動産セミナーのお申し込みはこちらから

不動産投資セミナーを探す│株式会社和不動産

都内の築浅物件を例に

東京都内の23区で不動産投資をする際に人気のエリアで、駅から5分程度と近く、15年程度の築年の「築浅」と呼ばれる賃貸物件を例にとってみたいと思います。
75000円の賃料の取れる部屋があるとして、物件が2000万円で販売されているとします。

75000円×12か月÷2000万円=4.5%

この4.5%を表面利回りと呼びます。実際には経費が掛かりますので4%程度の運用利回りがあると考えるとします。

調達する資金の金利が2%であるとするとその差益は、「運用利回り4%-銀行金利2%=2%」という利益を取る事が出来ます。これをイールドギャップと呼びます。

年収500万円の人は4000万円の与信力があると申し上げましたので2件のマンションを購入・保有して不動産投資を行う事が出来ます。

年収500万円の方が20代30代であっても運用額4000万円の投資を期待利回り2%で開始する事が出来るのです。

その上でもしも売買したのであれば売却益から税金を引いたものが最終的な資産になります。

都心のワンルームマンションの場合、ワンルームマンション規制がありマンションの供給戸数が抑制されており、毎年地方から都内への働き手となる単身者がおおくいますので、供給戸数<入居者となっております。
このバランスのお陰で、安定した賃貸経営を行えます。
反対に、再生戸建てのような高利回り高リスクの物件では物件を選定するまでに時間がかかってしまい、空室を埋めるだけでもかなりの労力を要する場合があります。
不動産投資には、あまり時間が使えない方には都心の築浅ワンルームマンションがオススメです。

FIREを達成する年齢を60歳だと仮定すると

経済的自立をして早期リタイアという観念を日本の暮らしにローカライズさせるとして、定年退職時を早期リタイア(FIRE)を達成時とした場合ですが、年齢25歳時に与信活用をして不動産投資を始めていれば60歳時点ではローンは完済していることになります。

4000万円分の複数の不動産投資物件を購入し、60歳時点は負債が無くなっているとすれば不動産価値が50%に減衰したとしても2000万円の資産形成を達成している事になります。

いかがでしょうか?早期リタイア(FIRE)をして経済的自立を目指すのは高収入の人だけの話だけではありません。
不動産投資であれば個人の与信活用により実現可能なものになるのです。

年収500万円の人でも4%ルールにより経済的自立の実現が絶対に無謀で不可能であるとは言えなくなってきたのではないでしょうか。
さらに購入後さらなる合理的な運用を行っていけば利益はさらに最大化する事が出来ます。

年収1000万円以上ある人達だけの話ではなく、早期リタイア(FIRE)はスケールをかえて全ての方に言う事が出来ます。60歳までに貯蓄も並行して続けて、貯めたお金を活かし、年収が上がり与信枠が増え次第投資物件を増やす等すれば7500万円の資産形成は不可能ではないのです。
ワンルームであれば管理にさほど手間もかからないため、非常におすすめできます。

 

▼和不動産の不動産投資セミナー▼
不動産セミナーのお申し込みはこちらから

不動産投資セミナーを探す│株式会社和不動産

情報に対して敏感になる

最初に、「4%ルール」についてお話ししましたが、この4%ルールにはもちろん注意点があります。
不動産投資に限ったことではありませんが、資産運用とは上下の幅が必ず出来るものです。
つまり、毎年4%という数字を達成出来るとは限りません。

目標を達成できなかったときは、どうしても落ち込んでしまうことがあるでしょう。この時、もしかしたら資産運用に失敗したと判断してしまい、諦めてしまう人もいるかもしれません。
しかし、投資家にとってそれは「してはいけない」ことです。
まず、投資とは下がるリスクがあるということを大前提として理解しておかなければならならずその指標として4%ルールがあるのです。

これからは、65歳以降の生活資金を自分で用意しなければならなくなります。
そのなかで4%ルールはこれからの社会を生きていくなかで、大切な知識の一つです。
貯金額を増やすことも大切ですが、将来の為にお金について、一度考えることも大切です。

特に最近はコロナの影響もあり、さまざまな種類の影響で市場が大きく変動しています。
ワンルームマンション投資は、比較的コロナの影響が少なかったのが特徴ですが、インフレが進む現代では楽観視は禁物です。
どんな事態が相場に影響を与えるか誰にもわかりません。常に情報感度を高く保ち、世の中を冷静に見渡す必要があるでしょう。

老後破産や年金問題といった将来への不安に対するリスクヘッジとして行うために、些細なことも見逃してはいけません。まとめると「FIRE(ファイア)」はまだまだ新しい生き方です。
よく考え、周囲の理解を得てから行いたいものです。

不動産投資は和不動産にご相談ください

「FIRE(ファイア)」について話させて頂きましたが、現在は人生100年時代をも言われるほど、日本人の平均寿命は年々伸びています。
長生きできることはとても嬉しいことですが、長生きするという事は、同時に必要なお金が増えるという事です。
せっかく長生きできるのなら、当然安定した暮らしを続けていきたいはずです。
不動産投資は「与信」が使えます。
頭金があまりなくてもご自身の与信力でローンを借り入れることが出来ます。
不動産投資は節税効果も高いところもメリットの一つです。

不動産投資の一番のリスクは空室問題です。
空室がでてしまうと、家賃収入を得られなくなってしまいます。
ローンの残債が残っている状態ですと、その分を自己資金から補わなければならなくなってしまいます。
他人資本を利用し、家賃収入でローンを返し、純資産を築き上げていけることが不動産投資のメリットですので、利回りではなく賃貸ニーズが安定しているエリアの物件を選ぶことが重要と言えます。
弊社が管理している物件は入居率99%と全国トップレベルを誇っているのでそのリスクを避けることが出来ます。

実際に弊社のオーナー様がどのように不動産投資を行っているかなどを、個別面談にてモデルケースをお見せすることができます。
ご自身の年収や年齢の近い人のを参考にすることで、目標の実現に散数いていけます!
中には、区分マンションを運用しながら早期リタイア(FIRE)を達成している事例もご紹介することが可能でございますので、ぜひ個別相談にてお問い合わせくださいませ。

事業としての収益を考え投資用不動産を考えている方が様々な地域からお問合せいただいております。

FIREを実現したいなら、マンション投資を始めませんか?

和不動産では、無料個別相談を実施しています。

「早期リタイアを実現したいが、どうしたらいいの?」
「早期リタイア可能な目安とは?」
「融資について相談したい」
「FIRE(ファイア)の4%ルールについて詳しく教えて欲しい」
「毎月の収支を改善する方法を知りたい」
「建物の修繕費用について相談したい」
「土地や建物について知りたい」
「現在所有している物件の利用規約を変更したい」
お悩みやご質問がありましたら、どんな小さなことでも、ぜひ私たちにお話しください!
和不動産ではお客様と一生お付き合いいただけるビジネスパートナーを目指しており、マンション投資のプロが丁寧に疑問やお悩みにお答えさせていただきます!

情報感度が高い富裕層は、税理士やFP、証券マンの担当者へ資産の相談を行っております。
そういった情報を提供できるよう、和不動産は不動産業者で有りながら、不動産を活用した総合的な資産運用プランをお客様と一緒になって考えさせて頂きます。
長年オーナー様と3ヶ月に1度定期面談を行い培ってきたデータがノウハウと蓄積されているからです。

なお、個別相談は東京の秋葉原にある店舗だけではなくオンラインでの相談も承っておりますので、地方にお住まいの方も遠慮なくお問い合わせいただければと思います!

なお初回の個別相談では物件のご提案は行っておりませんので、初めての方でも安心してご相談ください♪

マンション投資セミナー開催中!

和不動産では、年間150回以上、マンション投資セミナーを行っております。
不動産経営の戦略を立てるにも知識をつけるのが一番です。

新型コロナウイルス感染拡大の影響を考慮して、近年ではオンライン動画による配信も始めました。
今回ご紹介した、FIRE(ファイア)や4%ルールを中心について解説しているセミナーも新たに仲間入りしました!

その他にも、最新の不動産市場についてなど、不動産投資に関連する内容はもちろん、マインドを高めるためのセミナーや、和不動産独自開発の不動産投資疑似体験ゲームを使ったゲーム会など、さまざまなセミナーを開催しています。
ご参加いただいた方には、弊社代表の仲宗根が著者として執筆した不動産投資にまつわる書籍を無料でプレゼンントいたしております。ぜひ下記リンクよりセミナー情報をチェックしてみてください!

▼和不動産の不動産投資セミナー▼
不動産セミナーのお申し込みはこちらから不動産投資セミナーを探す│株式会社和不動産

和不動産公式LINEアカウントで限定情報をゲット!

和不動産LINE公式アカウントでは、お友だち限定で、ここでしか見られない物件情報やマンション投資に役立つお得な情報をお届けしています!ぜひお友だち登録をお願いします!

 

▼LINEの友だち登録をする▼
投資の基礎知識やお役立ちコラムを発信LINEをお友達登録│株式会社和不動産

関連記事

  1. ワンルームマンションは築10年未満で買い替えるべき?

  2. 金のなる木

    安心な不動産運用を行うために重要なこととは?

  3. 東京の築浅ワンルームマンション投資で収益を最大化する方法とは?

  4. 部屋02

    マンション投資の成功は目標達成にあり!

  5. ワンルームマンション投資のキャッシュフロー確認の仕方

  6. 株式会社和不動産の事業内容