N-RICOSの評判・口コミ(1)

N-RICOSの評判・口コミ(1)

和不動産では、物件購入後のアフターフォローとして独自開発システム【N-RICOS(エヌ・リコス)】を使い、オーナー様ひとりひとりに合ったマンション投資コンサルティングを行っています。

このページでは、実際のオーナー様から、【N-RICOS(エヌ・リコス)】を使ったコンサルティングについての評判・リアルなお声を掲載しております!

【E様】20代男性 不動産投資歴6年3ヶ月 運用物件3戸

>和不動産のコンサルティングの中で、N-RICOSを使ってみた感想や、良いと思った機能について教えて下さい。

N-RICOSのシステムを使った不動産投資の運用は、資産の可視化とその推移が分かる点にメリットを感じます。
僕は仕事柄自分でも収支の管理や帳簿付けをしているのですが、不動産投資を始めている方は絶対に皆さんやった方が良いと思います。

TOP画面では、不動産投資について必要な情報である

①資産管理
②物件管理
③目標管理
④出納帳
⑤トータルの収支・資金に対する利益率(ROI)

について、各項目の概要を並べて一画面で見られるのが分かりやすいですね。

仕事で使っているようなシステムでも、その都度中に入らないと分からないというシステムもあるので…。
他の不動産会社さんでも、収支と物件管理のシステムやアフターフォローにこんなにお金かけている会社はほとんど無いのではないでしょうか。

>N-RICOSの機能について、改善点や「こんな機能があったら嬉しい!」というものがあれば教えて下さい。

CFAシートについてですが、貸借対照表(B/S)を出した時に、目安として物件ごとの「物件価格(時価)」が表示されたりすると良いかなと思います。
現在の不動産投資の資産状況を、貸借対照表(B/S)における【資産】―【負債】=【純資産】という計算式に当てはめると、【物件価格※時価】―【ローン残高】=【純資産】という計算になります。
もちろん直近での物件売却は考えていませんが、その時々の「純資産」の目安として物件の時価が記載されていれば分かりやすいと思います。

CFAシートは、やはり定期的につけることが重要です。
貸借対照表(B/S)・損益計算書(P/L)もキチンと付けていないと年間でいくら貯まるのか分かりませんし、不動産運用を行っている人であれば例外なくやった方が良いと思います。
このように収支管理をしっかり付けることで、簿記の考え方も身に付いてきますしね。

>N-RICOSの目標管理の機能についてですが、具体的な目標設定や管理を行うことで変わった点や、改善した点があれば教えて下さい。

なんとなくの目標を持っていたとしても、自分で考えているだけではなかなか達成できない人が多いと思います。

和不動産さんのコンサルティングでは、N-RICOSの目標管理を入力することで「いつまでに」「何を」「どのように」達成させたいか、という指標が具体的にアウトプットできるのが良いですね。目標を決めて、N-RICOS上に記載すれば嫌でも目に入るので(笑)。

また、目標を自分以外の人に話すことで、良い意味でのプレッシャーとなり「言った以上はやらないと」というモチベーションのアップにも繋がります。
自分はサラリーマンを辞めたプレッシャーもあり、「目標は計画通りに達成しよう!」という気持ちがより強くて…今までの追加購入や繰り上げ返済はほぼ計画した通りに進んでいます。

前回3ヶ月前の定期面談で設定していた直近の目標が「現在の仕事を続けて少し貯蓄を増やしていった方が良いのか、繰り上げ返済をすすめていった方が得なのかを比べて判断する」だったのですが、今回達成することができました。

>賃貸管理(NRIS)の機能について良いと思うところを教えて下さい。

自分が持っている物件の賃貸管理まで、面談で確認できるのはオーナーとしてありがたいことです。

修繕履歴や入居者履歴を自分でつけているオーナー様もいらっしゃると思いますが、「もともと家賃がいくらだったか?」といったところまではさすがに覚えている人は少ないのではないでしょうか?
賃貸管理部さんの方に情報を入れて頂き、賃貸管理のデータベースも蓄積し、可視化できるのは良いことだと思います。

また、基本的には賃貸管理部さんの方にお任せしていますが、オーナー自身も賃貸管理について理解していかなければならないと、改めて再確認しましたね。
僕自身も不動産投資の運用に関しては勉強はしているつもりですが、賃貸管理に関する数字の見方であったり、単語の意味であったりはまだまだ勉強不足のところがありますので。

 

個別相談
メディア掲載実績
会社情報・アクセス
N-RICOS NEWS
Topics
N-RICOSの評判・口コミ