モデルケースで道標をつくる

【N-RICOS(エヌリコス)】では、これからマンション投資を始める方のために、和不動産でマンション投資を実施しているオーナー様の個人情報をふせた状態で、モデルケースとして活用しています。これにより、再現性の高い提案が可能になりました。

マンション投資をこれから始める人にとって、【どのようにゴールを目指せばよいか?】は重要な課題です。これは、マンション投資だけでなく、これからスタートするものすべてに言えることかもしれません。それでは、「なぜ?モデルケースが重要なのか?」について、カーナビを「使っている人」と「使っていない人」に例えて説明したいと思います。

上の図のように目的地に向かって同時にスタートする「Aさん」と「Bさん」がいたとします。左側の「Aさん」は自力で行ったことのない目的地を目指します。一方「Bさん」は、地図やカーナビを準備して行ったことのない目的地を目指しスタートしました。

最初は同じスタート地点からの出発でしたが、数年後「Aさん」は行ったことのない目的地に行くために道を間違えることや迷うこともあるでしょう。その結果、目的地にたどり着かないこともあるのです。一方で「Bさん」は、地図やカーナビを駆使し、そのアドバイス通りに進むことで目的地に確実に近づくことができ、最終的には目的地にたどり着くことができました。

これが、「アドバイス」の差です。これは、マンション投資に置き換えても同じことが言えます。自己流でやったAさんは、道に迷い失敗に終わりこともあります。むしろ、目的地へのたどり着き方がわからなければ、目的を達成すること自体が難しいでしょう。一方、「Bさん」は初心者ながらアドバイスによって、目的を達成することができました。これが、アドバイスがある人とない人の差です。

アドバイスは、何でも良いのか?

それでは、「アドバイスを受けられればそれで良いのか?」という疑問もあるでしょうが、もちろんアドバイスはなんでも良いというわけではありません。

カーナビを頼りにした「Bさん」ですが、もう一人アドバイスを受けてスタートした「Cさん」がいたとします。「Cさん」が頼りにしたのは、道に詳しいという知人でした。このケースの場合、知人のレベルによって目的地に着くか着かないかは、分かれるところです。もしかしたら、知っているふりということもあり得ます。そして、知人は「あなたのマンション投資」をボランティアでアドバイスしているわけですから、途中で降りてしまうかもしれません。そうなると自力でたどり着く以外に方法はないのです。

この例えのなかの「Aさん」「Bさん」「Cさん」の違いは、こうです。

「Aさん」が取った方法は、完全に自己流です。自分が対処できるかできないかが、目標達成のおおきなポイントになります。

「Bさん」が取った方法は、事実や事例の確認です。「地図」を利用し目的地にたどり着きました。マンション投資においては、この「地図」が事実や事例に変わることで、同様のことができるようになると考えています。

「Cさん」が取った方法は、アドバイザーの活用です。この方法は、アドバイザーの力量次第といったところです。そして、アドバイスを受けるにあたり何かしらの報酬を与え、付き添ってもらう必要があります。そうしなければ、アドバイザーは途中で降りてしまう可能性もあるのです。

この3つの方法のなかで、一番確実なのは「Bさん」ではないでしょうか?もちろん、「Cさん」のアドバイザーは、裏道を知っていたり、裏技を知っている可能性もありますが、確実に目標を達成するには事実や事例を参考にできれば、これほど心強いことはないでしょう。

「事例」として活用できるモデルケース

和不動産では、この事例を「今現在、和不動産でお付き合いしているオーナー様の個人情報を完全にふせること」で、「モデルケース」としてコンサルティング時にアドバイスしています。

段階に応じたモデルケースを提案することで、今後のマンション投資の参考としてご利用いただいております。一般的にアドバイスは、コンサルティングするアドバイザーの価値観に左右されることも多く客観的なアドバイスになっていないことも多々ありますが、事例であれば客観性は担保されるのです。

多くのオーナー様の事例をデータベースで保存していることは、「N-RICOS」の大きなメリットの1つになります。私たち和不動産の今後のミッションとして、より多くの成功事例をオーナー様と共有し、今後お付き合いいただく新しいオーナー様に「モデルケース」という事例を提供し、より精度の高いコンサルティングを目指すことです。