マンション投資で対策する相続税

マンション投資で対策する相続税

【N-RICOS】では、相続税対策のシミュレーションにも対応しています。できる対策は、おもに2つ。1つは、現金をワンルームマンションに「カタチ」をかえることによって、相続税評価額をどれだけ下げられるかのシミュレーション。もう1つは、現在、自分が所有している資産に対してどれだけの相続税が課せられるかのシミュレーションです。

現在、相続税対策の王道であったアパート経営の過剰供給が、問題視されています。そのため、相続税対策として中古のワンルームマンションに注目が、集まっているのです。それは、相続税対策として、アパートやタワーマンションにできないことがワンルームマンションでできるからになります。詳しいことは、和不動産の相続サテライトサイトで、ご確認ください。下のバナーをクリックしていただければ、リンクいたします。

ここでは、【N-RICOS】で可視化できる相続シミュレーションについてご案内いたします。

現金をワンルームマンションに「カタチ」をかえ財産評価を下げる

まず、現金をワンルームマンションに「カタチ」をかえることによって、下げられる財産評価額のシミュレーションについてです。相続において、ワンルームマンションをはじめとする収益物件は、相続税評価額の計算において有利な計算方法が用いられています。

詳しくは省略いたしますが、現金2000万円で都心の築浅中古ワンルームマンションを購入すると、相続税評価額は約400万円まで下げることができます。これは、現金相続する場合の約1/5の評価額です。このような仕組みを活用して、相続税対策を実施する事例が増えています。

そこで、【N-RICOS】では、購入するワンルームマンションの相続税評価額のシミュレーションができるようバージョンアップを行いました。そして、このワンルームマンションを生前贈与した場合の贈与税の課税額が、いくらになるかのシミュレーションも合わせて開発したのです。

相続は実質増税ですが、生前贈与を活用すればより有利な相続対策はできます。具体的には、都心の中古ワンルームマンションであれば、贈与税の支払いは50万円以下であることがほとんどです(別途、登記費用と不動産取得税はかかります)。この方法にメリットを感じ、取り組んでいる個人も増え始めています。そういったニーズに対応できるシミュレーションを【NーRICOS】では、お出しすることができるようになりました。

今持っている資産と相続税対策をした後の課税額の比較

もう1つ【N-RICOS】で出来る相続税対策シミュレーションがあります。それは、何も対策をしない場合と相続税対策をした場合の比較シミュレーションです。いくら定年退職後であっても、資産状況は常に変化します。そのため相続税のシミュレーションは、状況が変化するたびに実施することが好ましいと言えるのです。

相続税は、現金を収益物件に「カタチ」をかえること以外にも借金を相続させることで、相続税の支払いを抑えることもできます。その借金を活用しやすいのも収益物件であることは間違いありません。しかし、必要以上に借金をすることは、受け継いだお子様の負担になることも考えられます。目に見える資産は把握しやすいものです。しかし、自宅の相続税評価や生命保険を見落とすことによって、意外と多額の相続税が課せられてしまいます。何がベストなのかを都度コンサルティングすることで、精度も上がってくることでしょう。そういった機会に【N-RICOS】のコンサルティングを活用していただければと思います。

関連記事

  1. マンション投資は目標を達成して初めて成果と言える

  2. マンション投資で生命保険の見直しをする

  3. マンション投資における現時点のROIを把握する

  4. マンション投資における収支の動きを把握する

  5. マンション投資は、ローン残高を意識することが重要

  6. 資産・収入・支出の確認から、資産運用は始まる!