9/29【読売新聞朝刊34面】和不動産の相続に関する一面広告「『争い』は相続させない」が掲載されました!

9/29の読売新聞朝刊34面で、和不動産の相続に関する一面広告「『争い』は相続させない」が掲載されました!

2015年1月の相続税改正により、相続税支払い対象者がぐっと増えました。

争う家族を意味する造語【争族】は、不意に課税対象となったことから相続税対策を万全に取ることができず、
民事裁判に発展してしまうケースが増えたことから生まれました。

特に難しいのは、親世代から子世代へ全財産が引き継がれる2次相続と言われています。

不動産を活用した相続税対策において、もはやアパート建築は王道ではないと言われています。

では、争族を相続しないために本当に有効な相続税対策とは?

和不動産では、財産を遺す側も受け取る側も、後悔しない相続税対策として
【生前贈与×都心の築浅中古ワンルームマンション経営】をご提案しております。

また、和不動産が開催している相続税対策セミナーでは書籍の内容や本サイトには載せきれない

相続税対策のトレンドや事例もお伝えしておりますので、お気軽にご参加いただければと思います。